電報台紙の選び方

フラワー電報はいろいろと選ぶものがあります。その点は受け取る側だけではなく、送る側としても楽しめる部分なのですが、電報台紙も選ぶべき物の一つです。電報台紙とは電報の台紙ですが、こちらも様々な種類が用意されていますので、どのような物を選ぶべきなのかで悩む人も多いでしょう。選ぶポイントはいくつかありますが、予算、デザイン、そして花との相性です。

やはり予算もとても大切なものです。自分自身の予算と相談した上で選ぶのはもちろんですが、予算以上に頭を悩ませるのがデザインでしょう。デザインも豊富なので、受け取る母親の好みや自分自身の価値観もあります。そして何より花との相性です。贈る花と全然イメージが異なるような台紙ではいくら贈り物ではあっても雰囲気を損ねてしまう可能性もあります。

これらをすべて勘案した上で電報台紙を選ぶと、自ずと何が良いのかが見えてくるでしょう。シックな花なのに派手な電報台紙ではおかしいですし、かといって花がとても鮮やかで派手なのに電報台紙が大人しすぎると、それはそれでミスマッチです。これらを考えると、案外自ずと選ぶべき電報台紙が見えてきますので、まずは花から選ぶと電報台紙選びは失敗しません。

母の日にフラワー電報を送るメリット

母の日といえばカーネーションが定番です。デパート等に足を運ぶとカーネーションはもちろんですが花が所狭しと並んでいます。普段花を贈るようなケースはそうそうないだけに、攻めて年に一度の母の日くらいはカーネーションでもという気持ちになるのも良く分かる話ですが、近年高い注目を集めているのがフラワー電報です。

電報に花がついているもので、まさにネーミング通りの物なのですが、フラワー電報は様々なメリットがあります。まず、花を選べます。どの花にするのかを考える楽しさもあります。母親がもらうと喜ぶ花を探すのも良いでしょう。フラワー電報は花のラインナップも多いので好みの花が見つかるはずです。更にフラワー電報は基本的には電報になりますので、メッセージを添えることも出来ます。

普段口にするのが難しいことでも、電報という形式であれば素直に日ごろの感謝の言葉を述べられるのではないでしょうか。急に面と向かって言葉をとなるとどうしても照れ臭さもあります。一方で急に手紙を書くと言ってもタイミングの問題もあるでしょう。ですがフラワー電報であればタイミングも良いですし、電報という非日常的なサービスを活用することで自分自身の思いを素直に打ち明けられるタイミングにもなります。母の日は言うまでもなく一年に一度しかないものですが、フラワー電報という非日常的なアイテムに気持ちを乗せることで、自分自身の日ごろの思いを母親に伝えられるようになるのです。