申し込みはいつすればいい?

いつまでに申し込みを行うべきなのかもまた、気にしなければならない部分です。言うまでもなく、母の日近くになればなるほど混雑します。業者側にとってはいわば年に一度の繁忙期です。母の日の2~3日前に急に母の日までに届けてくれと申し出ても、快諾してくれる業者はなかなかいないでしょう。そもそも母の日は毎年変わるものではありません。5月の第二日曜日と決められていますので、早めに動いた方が良いのです。

業者によっては一か月前、あるいはそれ以上前から母の日の予約を受け付けている所もありますので、母の日が近付いて来たら、フラワー電報を含めて何を送るのかを考えるだけではなく、早めに予約しておくべきものだとも理解しておいた方が良いでしょう。予約は早い分には申し分ありませんし、業者側としても予約した順に仕上げてい行ってくれるものです。どれだけ経済力に優れているとしても、業者としても予約を受けた順番にフラワー電報を作成してきますので、母の日に届けたいのであれば、早めに予約すべきです。

フラワー電報の業者のホームページ等を確認し、いつから予約出来るのかとチェックしておくと良いでしょう。人気の所ですと予約を打ち切るケースも考えられます。

プリザーブドフラワーor生花

選ぶべき花も迷う部分ですが、大きく分類するとプリザードフラワーにすべきか、あるいは生花にすべきかもあります。プリザーブドフラワーとは、枯れないよう細工されているものですので、いつまでも花が綺麗なままです。どちらも共に素晴らしいものですので、特徴を理解した上で選ぶと良いでしょう。いつまでも花を飾ってもらいたい、あるいは毎日花に水やりするようなマメなあ母親ではない場合はプリザーブドフラワーの方が気軽で良いでしょう。

一方、花が好きで花に水をやるのが好きで、更には枯れるのも風情があって楽しめるのであれば生花の方が良いでしょう。優劣の問題ではなく、あくまでも好みの問題になりますが、当然それぞれ微妙に予算も異なります。いつまでも飾ってもらいたいとはいえ、母親にとってはあまり好みの花ではない場合、プリザーブドフラワーの場合、好みではない花を延々と飾ることになります。一方で、好みの生花の場合、いずれは枯れてしまいますが、毎日花に水を差すのが好きな人は多いです。

どちらの方が良いのかは母親の好み次第になりますので、何方の方が良いのかそれとなく探りを入れておくと良いでしょう。もちろんどちらであっても素晴らしいのは言うまでもありません。

参照HP・・・https://boxflower-denpo.com/
生花を使用したフラワー電報サービスです。